丸山島根知事、聖火リレー実施を表明=車両の音量改善を要求

政治・外交

島根県の丸山達也知事は6日、東京都内で記者会見し、東京五輪の聖火リレーについて「一定の改善事項を東京五輪・パラリンピック組織委員会に要請した上で実施をする」と述べ、中止の検討撤回を表明した。

丸山氏は2月、都や政府の新型コロナウイルス対策などが不十分として、聖火リレーの中止検討を表明した。丸山氏は会見で一転実施を決めた理由として「中止が県民にプラスにならないと判断した」と説明した。

その上で丸山氏は組織委に対し、聖火リレーでランナーを先導するスポンサー各社の車両の音量引き下げを要求。新型コロナ対策で県民にさまざまな自粛を呼び掛ける中、大音量の演出を抑える必要があるとの認識を示した。

聖火リレー実施について記者会見する島根県の丸山達也知事=6日午後、東京都千代田区の都道府県会館聖火リレー実施について記者会見する島根県の丸山達也知事=6日午後、東京都千代田区の都道府県会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本 中国 島根県