コロナで肺障害、生体移植=世界初、息子と夫から―京大病院

社会 暮らし

京都大医学部付属病院(京都市)は8日、新型コロナウイルス感染で肺障害を負った関西在住の女性に対し、息子と夫の肺を一部移植する手術を行ったと発表した。女性は集中治療室に入っており、息子らの経過は良好。コロナ感染後の肺障害に伴う脳死肺移植は欧米などで例があるが、生体間では世界初だという。

同病院によると、女性は昨年末にコロナ感染し、入院先で呼吸状態が悪化して体外式膜型人工肺(ECMO)を使用。その後、コロナによる肺炎の後遺症で両肺が硬く小さくなり、ほとんど機能しなくなった。

女性はコロナ陰性となったが、ECMOで命をつなぎ、肺移植以外での回復は難しい状態だった。家族からの臓器提供の申し出を受けた同病院は、7日に生体肺移植を実施。女性の両肺を全て摘出し、息子の右肺の一部を女性の右肺に、夫の左肺の一部を女性の左肺に移植した。

女性は手術後、人工呼吸器を装着しているが、ECMOは外している。順調なら2カ月で退院でき、3カ月で社会復帰が可能だという。

新型コロナウイルス感染で肺障害を負った女性に対する生体肺移植の手術=7日、京都市の京都大医学部付属病院(同病院提供)新型コロナウイルス感染で肺障害を負った女性に対する生体肺移植の手術=7日、京都市の京都大医学部付属病院(同病院提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 京都府 京都市