日米首脳声明「台湾」明記=「海峡の平和と安定重要」―バイデン氏、五輪開催支持

政治・外交

【ワシントン時事】菅義偉首相は16日午後(日本時間17日未明)、ホワイトハウスでバイデン米大統領と初の首脳会談を行った。中国が軍事的圧力を強める台湾問題への対応を協議し、共同声明に「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す」と明記した。日米首脳の合意文書に「台湾」が盛り込まれるのは、日中国交正常化前の1969年に佐藤栄作首相とニクソン大統領が出した共同声明以来。中国の反発は必至だ。

会談は通訳のみの1対1で約20分間行った後、少人数会合と全体会合に移り、計2時間半に及んだ。バイデン氏にとって対面による外国首脳との会談は初めて。

日米首脳は会談で、東・南シナ海情勢について、中国の「力による現状変更の試みと地域の他者への威圧に反対する」ことでも一致した。

首相は会談後の共同記者会見で、厳しさを増す東アジアの安全保障環境について「日米同盟の抑止力、対処力を強化する必要がある。防衛力強化への決意を(大統領に)述べた」と表明。共同声明に関し「今後の日米同盟の羅針盤だ。『自由で開かれたインド太平洋』構想の実現に向け、両国の結束を力強く示す」と強調した。

米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条の沖縄県・尖閣諸島への適用も改めて確認。大統領は「日本の安全を鉄壁で守る」と述べた。

香港と新疆ウイグル自治区の人権状況に「深刻な懸念」を共有。首相は会見で「わが国の取り組みを大統領に説明し、理解を得られた」と語った。ミャンマー情勢については、民主的な政治体制の早期回復を求めることを申し合わせた。

共同会見後、首相は記者団の取材に応じ、台湾情勢や尖閣諸島に関し、「厳しい状況が続いていることは事実だ。平和裏に解決することを最優先にしていく」と語った。

首相は、今夏の東京五輪・パラリンピックを「世界の団結の象徴」と位置付け、開催への決意を伝えた。共同声明には「大統領は開催するための首相の努力を支持する」と記した。

北朝鮮による日本人拉致問題に関し、両首脳は、重大な人権問題との認識を共有、「即時解決」へ連携していくことを再確認した。核、ミサイル開発に関しては、完全、検証可能かつ不可逆的な廃棄(CVID)を求めるとした。

気候変動をめぐり、両首脳は「脱炭素」を主導する「日米気候パートナーシップ」を立ち上げることで一致。大統領は来週の気候変動サミットに触れ、「野心的なコミットメントを行う」と表明した。

ホワイトハウスでバイデン大統領(左から2人目)と会談する菅義偉首相(右から2人目)=16日、ワシントン(AFP時事)ホワイトハウスでバイデン大統領(左から2人目)と会談する菅義偉首相(右から2人目)=16日、ワシントン(AFP時事)

共同記者会見に臨む菅義偉首相とバイデン米大統領(右)=16日、ワシントンのホワイトハウス(AFP時事)共同記者会見に臨む菅義偉首相とバイデン米大統領(右)=16日、ワシントンのホワイトハウス(AFP時事)

共同記者会見に臨む菅義偉首相(左)とバイデン米大統領=16日、ワシントンのホワイトハウス(AFP時事)共同記者会見に臨む菅義偉首相(左)とバイデン米大統領=16日、ワシントンのホワイトハウス(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面) 外交 叙位・叙勲・表彰 民族 中国 日本 ミャンマー 台湾 米国