主権や価値観「譲歩せず」=菅首相、米シンクタンクで講演

政治・外交

【ワシントン時事】菅義偉首相は16日午後(日本時間17日午前)、米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)主催のオンライン講演で外交の基本戦略を語った。覇権主義を強める中国について「主権に関する事項や民主主義、人権、法の支配などの普遍的価値で譲歩する考えはない」と強調。沖縄県・尖閣諸島を含む日本の領土を守る意思を示した。

首相は軍事力を背景とする中国の海洋進出などに関し「主張すべき点は主張し、具体的な行動を強く求めていく」と説明。同時に「中国との安定的で建設的な関係を構築していく」とも述べた。対中政策では米国や同志国と連携する考えを示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 外交 中国 日本 沖縄 米国