21年サンマ漁獲枠、過去最低=15万トン、保護徹底―水産庁

政治・外交

水産庁は20日、サンマの2021年の漁獲枠を前年比41.2%減の15万5335トンと、過去最低水準に変更する案を公表した。21年の枠は暫定的に20年と同じ26万4000トンに設定していたが、国際合意を踏まえ当初より4割超減らす。サンマの歴史的不漁が続く中、資源保護を徹底し将来の漁獲量回復につなげたい考え。

同庁は20日に、国内漁業者らを対象にした意見交換会で新たな枠を示した。近く開かれる水産政策審議会(農林水産相の諮問機関)を経て、正式決定する。

大型漁船から魚市場に水揚げされるサンマ=2012年11月、宮城県女川町の女川港大型漁船から魚市場に水揚げされるサンマ=2012年11月、宮城県女川町の女川港

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 日本