菅首相、緊急事態「早急に判断」=3都府県と最終調整

政治・外交

菅義偉首相は21日の参院本会議で、新型コロナウイルス感染拡大を受けた3度目の緊急事態宣言について「大阪府から要請がなされており、状況を精査し、対策の中身も早急に検討、判断していく」と重ねて強調した。政府は東京都、兵庫県と合わせ、3都府県に宣言を発令する方針を固めており、詰めの調整を急ぐ。

首相は「大阪、兵庫で急速に感染が拡大したほか、東京、神奈川、埼玉も感染者数の増加が続くなど、強い危機感を持って対応すべき状況にある」と述べた。

一方、西村康稔経済再生担当相は衆院内閣委員会で、宣言発令に関し、「より強い措置を集中的にする必要がある」と表明。休業要請の範囲などを念頭に「それぞれの自治体と連携しながら専門家の意見も聴いて検討を急ぎたい」と述べた。事業者への支援策の検討も進めていると説明した。

政府は22日にも対策本部を開き、宣言発令を正式決定する。

参院本会議で答弁する菅義偉首相=21日午前、国会内参院本会議で答弁する菅義偉首相=21日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 日本 東京都 大阪府 兵庫県