原発処理水、菅首相「できること全部やる」=内堀福島知事、風評対策を要請

政治・外交 社会

菅義偉首相は22日、東京電力福島第1原発の放射性物質トリチウムを含む処理水を海洋放出する政府方針について、福島県の内堀雅雄知事と首相官邸で会談した。内堀氏は万全な風評対策や事業者支援を要請。首相は「できることは全部やる」と応じた。

内堀氏は、関係者への丁寧な説明や、国内外に対する正確な情報発信なども求めた。首相は「県民、特に漁業者の皆さんの思いを真摯(しんし)に受け止める」と強調した。

会談後、内堀氏は記者団に「今回の処理水の問題は、福島県だけでなく、日本全体の問題だ」と指摘。その上で「首相自身が前面に立ってしっかりと責任を果たしてもらうことが重要だ」と注文を付けた。

首相官邸に入る菅義偉首相=22日午前、東京・永田町首相官邸に入る菅義偉首相=22日午前、東京・永田町

菅義偉首相との会談後、記者団の質問に答える福島県の内堀雅雄知事(中央)=22日午前、首相官邸菅義偉首相との会談後、記者団の質問に答える福島県の内堀雅雄知事(中央)=22日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安全・危機管理 社会 日本 東北 福島県