温室ガス「30年度46%削減」=新目標、大幅引き上げ―気候サミットで・菅首相

政治・外交

菅義偉首相は22日夜、米国主催によるオンライン形式での気候変動サミット(首脳会議)で演説し、2030年度の温室効果ガス削減目標を現行の「13年度比26%減」から「同46%減」に大幅に引き上げる方針を表明した。首相は「さらに50%の高みに向けて挑戦を続けていく」とも語った。

演説では「46%の削減は決して容易なものではない。しかし、世界のものづくりを支える国として、トップレベルの野心的な目標を掲げることで、世界の脱炭素化のリーダーシップを取っていきたい」と決意を述べた。

オンライン形式で米国が主催した気候変動サミット(首脳会議)で演説する菅義偉首相=22日夜(米政府の公式動画より)オンライン形式で米国が主催した気候変動サミット(首脳会議)で演説する菅義偉首相=22日夜(米政府の公式動画より)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 環境行政(生物多様性も、統計類も) 日本