福井県議会が再稼働容認=40年超原発3基、知事判断へ

経済・ビジネス

運転開始から40年を超える関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)と高浜原発1、2号機(同県高浜町)について、県議会は23日の臨時議会で、再稼働を前提とした意見書と原発推進団体から提出された請願1件を賛成多数で可決、採択した。再稼働を事実上、容認した形で、最終判断は杉本達治知事に委ねられる。

杉本知事は閉会後、記者団に「再稼働に前向きな考えを示されたと理解している。議会の議論や経過、結果を重く受け止めたい」と述べた。知事は24日に両原発を視察する予定。その後、関電の森本孝社長や梶山弘志経済産業相とも面談した上で、近く判断するとみられる。

意見書は国に対し、原子力政策の方向性を明確にし、原発に対する国民理解の成果を示すほか、地域防災計画・避難計画の継続的な改善などを図るよう求める内容。

再稼働に関して慎重な議論を求める決議は否決され、反対請願など計59件は不採択となった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 日本 北陸 福井県