菅首相、9月解散に意欲か=「総裁任期の中で考える」

政治・外交

菅義偉首相は23日の記者会見で、衆院解散に関し「まず新型コロナウイルスの感染拡大防止が最優先だ。ただ、私の(自民党)総裁任期の中で、機会を見て考えなきゃならない」と述べ、総裁選前の解散・総選挙に意欲を示した。首相の総裁任期は9月末まで。衆院選に勝利して、総裁再選を確実にする狙いがあるとみられる。

総裁公選規程は、党所属議員の投票日を「総裁の任期満了日前10日以内」と定める。首相は解散に関し、7月23日~9月5日の東京五輪・パラリンピック後に軸足を置いているとされ、「9月解散」を探っているとの見方が取り沙汰されている。衆院議員の任期は10月21日に満了する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本