米民間宇宙船、ドッキング=星出さん、野口さん滞在のISSに

科学 社会 技術

国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在に臨む星出彰彦さん(52)が搭乗する米民間宇宙船クルードラゴン運用2号機は、24日午後6時10分ごろ(日本時間)ISSにドッキングした。

午後8時5分ごろには連結部のハッチが開放。約30分後、星出さんが一番乗りでISSに乗り移ると、昨年11月から滞在中の野口聡一さん(56)と対面し、2人は抱き合って無事の到着を喜んだ。

日本人飛行士のISS同時滞在は、2010年4月の野口さんと山崎直子さん(50)以来2回目。ISS長期滞在要員同士では初めてとなる。

星出さんのISS滞在は、12年の長期滞在以来約9年ぶり。到着後、日本人では若田光一さん(57)に続く2人目となる船長に就任し、ISSの運用やクルーの安全を守る責任者を務める。

一方、野口さんらは日本時間の28日夜、クルードラゴン運用初号機でISSを離れ、翌29日未明にフロリダ州沖に着水し、帰還する予定だ。

星出彰彦さんらが搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に近づく宇宙船クルードラゴン。右はISSのロボットアーム(日本時間24日午後、NASAテレビから)星出彰彦さんらが搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に近づく宇宙船クルードラゴン。右はISSのロボットアーム(日本時間24日午後、NASAテレビから)

国際宇宙ステーション(ISS)に無事到着し、野口聡一さん(右から2人目)と抱き合って喜び合う星出彰彦さん(同3人目)(日本時間24日午後、NASAテレビから)国際宇宙ステーション(ISS)に無事到着し、野口聡一さん(右から2人目)と抱き合って喜び合う星出彰彦さん(同3人目)(日本時間24日午後、NASAテレビから)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学 宇宙 技術 社会 日本 米国