菅首相「謙虚に受け止める」=衆参3選挙、自民全敗で

政治・外交

菅義偉首相は26日、衆院北海道2区、参院長野選挙区の両補欠選挙と参院広島選挙区再選挙で自民党が全敗したことを受け、「国民の審判を謙虚に受け止め、さらに分析をした上で、正すべき点はしっかり正していきたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

衆院解散・総選挙の時期への影響に関しては「新型コロナウイルス対策を最優先で取り組んでいくという考え方に変わりはない」と述べ、早期実施に慎重な考えを強調。高齢者向けのワクチン接種に触れ、「7月末を念頭に高齢者の希望する方全員に2回目のワクチン接種を終えるように取り組んでいきたい」と語った。

衆参3選挙で自民党が全敗したことについて、記者団の質問に答える菅義偉首相=26日午前、首相官邸衆参3選挙で自民党が全敗したことについて、記者団の質問に答える菅義偉首相=26日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 選挙 日本