LINEに行政指導=個人情報、管理に不備―総務省

政治・外交

通信アプリ大手「LINE」の利用者情報が業務委託先の中国企業で閲覧可能となっていた問題で、総務省は26日、LINEに対し、電気通信事業法に基づき行政指導を行ったと発表した。個人情報や通信の秘密の保護をめぐり、社内システムの安全管理に不備があったと判断。5月末までに改善策を報告するよう求めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電気通信政策 中国 日本