韓国学会、原発処理水「影響微々」=日本の「一方的決定に遺憾」

社会

【ソウル時事】韓国原子力学会は26日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する方針を決めたことに関し、仮に現在の貯蔵状態のまま全量を1年間海に放出したとしても、韓国国民の被ばく量は人体に許容される放射線量の「約3億分の1で、無視していい水準だ。非常に保守的な仮定の下でも影響は微々たるものだ」という見解を発表した。

日本が公開したデータを基に分析した。韓国の市民団体などは放射能被害を訴え日本を糾弾しているが、学会は「政治的目的で助長された放射能の恐怖が水産業者などの被害を拡大する自害行為になり得る」と主張。韓国政府に対し「政治的、感情的な対応を自制し、科学的な事実を土台に実用的に問題を解決する」よう求めた。

一方で、「十分な情報と説明を提供しないまま一方的に決定した」として、日本に対しても「遺憾」を表明。「周辺国国民が受ける心理的苦痛と物理的被害に対し深く謝罪し、周辺国に配慮する姿勢を示すべきだ」と訴えた。

東京電力福島第1原発構内の処理水を保管するタンク=2021年2月、福島県大熊町東京電力福島第1原発構内の処理水を保管するタンク=2021年2月、福島県大熊町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 社会 日本 東北 福島県 韓国