中国海洋進出「安保上の懸念」=危機感反映、表現強める―外交青書

政治・外交

茂木敏充外相は27日の閣議で、2021年版外交青書を報告した。東・南シナ海での中国による領土拡張的な動きについて「日本を含む地域と国際社会の安全保障上の強い懸念」と明記。20年版では「地域・国際社会共通の懸念事項」としており、踏み込んだ表現で危機感を示した。

沖縄県・尖閣諸島周辺での領海侵入に対し、初めて「国際法違反」と指摘。中国海警局の武器使用権限を明確化した2月施行の海警法について「国際法との整合性の観点から問題がある」と批判し、「深刻な懸念」を表明した。

中国の人権問題に対する記述も表現を強めた。香港統制を強化する国家安全維持法制定について「日本を含む国際社会からたびたび重大な懸念が示された」と言及。新疆ウイグル自治区の状況に関しては「深刻に懸念している。自由、基本的人権の尊重、法の支配が中国でも保障されることが重要だ」と訴えた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 中国 日本 沖縄 韓国 北朝鮮 ロシア