東京にワクチン接種会場=5月24日から3カ月、自衛隊活用―菅首相

政治・外交

菅義偉首相は27日、岸信夫防衛相と首相官邸で会い、新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため、自衛隊による接種会場を東京都に設置するよう指示した。期間は5月24日から3カ月間とする方針。大阪府での設置も調整する。

首相は「組織的な活動が可能な防衛省・自衛隊に『大規模接種センター』を設置・運営してもらいたい」と強調した。

加藤勝信官房長官は記者会見で、都内の接種会場について「東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県におけるワクチン接種を国としても強力に後押しする」と狙いを説明。自衛隊中央病院の医官や看護官らが接種業務を担うと語った。

設置場所については、東京都千代田区大手町の合同庁舎を予定。政府は1日1万人規模の接種を目指す。

閣議に臨む菅義偉首相(中央)ら=27日午前、首相官邸閣議に臨む菅義偉首相(中央)ら=27日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本 東京都