淡路島の恐竜化石、新種だった=04年発見、命名「ヤマトサウルス」―兵庫

社会

北海道大や岡山理科大などの研究チームは、2004年に兵庫県の淡路島で発見された恐竜の化石が新種であることが分かったと発表した。学名は「伊弉諾(いざなぎ)の倭(やまと)竜」を意味する「ヤマトサウルス・イザナギイ」と命名。論文は27日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

化石は04年5月、県内のアマチュア愛好家岸本真五さん(72)が同県洲本市の約7200万年前(白亜紀末期)の地層から発見。下顎や肩の骨などが見つかり、草食恐竜ハドロサウルス科ランベオサウルス亜科の一種とされていた。

その後の研究で歯の特徴などから、より原始的な新種と判明。体長7~8メートル、体重4~5トンと推定され、約9500万年前(白亜紀初期)に繁栄したハドロサウルス科の生き残りの可能性があるという。イザナギノミコトとイザナミノミコトが日本列島で最初に淡路島をつくったとされる神話にちなんで命名された。

原始的なハドロサウルス科の化石は中国やモンゴルでも同時代の地層から見つかっている。研究チームの小林快次北大教授は「絶滅したはずの恐竜が東アジアでは生き残り、進化した恐竜とすみ分けていた可能性がある」と話した。

ヤマトサウルスの化石は5月12日~7月11日、兵庫県立人と自然の博物館(同県三田市)で展示される。

淡路島で発見された新種恐竜ヤマトサウルスの化石。手前は下顎の骨の一部=26日午後、兵庫県庁淡路島で発見された新種恐竜ヤマトサウルスの化石。手前は下顎の骨の一部=26日午後、兵庫県庁

淡路島で化石が発見されたヤマトサウルスの復元画(左)。右は同時代の北海道に生息していたカムイサウルス(C)服部雅人(兵庫県立人と自然の博物館提供)淡路島で化石が発見されたヤマトサウルスの復元画(左)。右は同時代の北海道に生息していたカムイサウルス(C)服部雅人(兵庫県立人と自然の博物館提供)

淡路島で見つかった恐竜の化石を前に、新種であることを説明する研究チームの小林快次北海道大教授(左)。右は発見者のアマチュア愛好家岸本真五さん=26日午後、兵庫県庁淡路島で見つかった恐竜の化石を前に、新種であることを説明する研究チームの小林快次北海道大教授(左)。右は発見者のアマチュア愛好家岸本真五さん=26日午後、兵庫県庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・生物・自然 社会 日本 北海道 兵庫県