殺人容疑で元妻逮捕=「紀州のドン・ファン」死亡―体内から覚せい剤・和歌山県警

社会

和歌山県田辺市で2018年、会社経営野崎幸助さん=当時(77)=が死亡した事件で、県警は28日、殺人と覚せい剤取締法違反の疑いで元妻の会社役員須藤早貴容疑者(25)=東京都品川区=を逮捕した。県警は同容疑者の認否を明らかにしていない。

野崎さんは地元で酒類販売会社などを経営し、資産家として知られていた。自身の女性遍歴をつづった著書のタイトルから「紀州のドン・ファン」とも呼ばれた。県警は今後、覚せい剤入手の経緯などについて調べを進める。

逮捕容疑は18年5月24日、同市の自宅で野崎さんに覚せい剤を経口で摂取させ、急性覚せい剤中毒により殺害した疑い。

県警などによると、野崎さんは同日午後10時半ごろ、2階寝室のソファで倒れているのが見つかり、須藤容疑者が119番したが、その場で死亡が確認された。解剖の結果、体内から致死量を超える覚せい剤が検出され、死因は急性覚せい剤中毒、死亡推定時刻は同9時ごろと判明した。

当日の夕食は家政婦が用意した鍋料理で、死亡の数時間前に食べたとみられる。夕食時は、野崎さんと須藤容疑者の2人だけだったという。

県警は、野崎さんが飼い犬の葬儀を予約するなど自殺をうかがわせる事情がないことから、何者かに覚せい剤を摂取させられた可能性があるとみて捜査。摂取させられたとみられる時間帯、周囲には須藤容疑者しかおらず、第三者の存在も確認されていないことなどから、同容疑者が関与した疑いが強いと判断した。

須藤早貴容疑者(関係者提供)須藤早貴容疑者(関係者提供)

容疑者逮捕について記者会見する和歌山県警の徳田太志刑事部長(中央)ら=28日午前、和歌山県田辺市容疑者逮捕について記者会見する和歌山県警の徳田太志刑事部長(中央)ら=28日午前、和歌山県田辺市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 和歌山県