星出さん、ISS船長に=日本人2人目、若田さん以来

科学 社会 技術

国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の星出彰彦さん(52)が28日、ISSの船長に就任した。日本人飛行士の船長就任は、2014年3月から約2カ月間務めた若田光一さん(57)に続き2人目。クルーのリーダーとして、ISSの運用や実験の実施、緊急時の安全確保などの責務を負う。

28日午前2時半(日本時間)ごろ、星出さんや野口聡一さん(56)ら滞在中の飛行士11人が集まり、船長の引き継ぎ式が行われた。前任の米国人飛行士シャノン・ウォーカーさん(55)から、船長の象徴となる鍵を受け取った星出さんは「とても光栄だ。ワンチームでミッションを成功させたい」と述べた。

星出さんは24日、米民間宇宙船クルードラゴン運用2号機でISSに到着。帰還直前の今年10月ごろまで船長を務める予定だ。

国際宇宙ステーション(ISS)の船長引き継ぎ式で、前任の米国人飛行士シャノン・ウォーカーさん(右端)と握手する星出彰彦さん(左端)(日本時間28日未明、NASAテレビから)国際宇宙ステーション(ISS)の船長引き継ぎ式で、前任の米国人飛行士シャノン・ウォーカーさん(右端)と握手する星出彰彦さん(左端)(日本時間28日未明、NASAテレビから)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学 宇宙 技術 社会 日本 米国