菅首相「素晴らしい快挙」=松山選手に顕彰授与

政治・外交

菅義偉首相は30日、ゴルフのマスターズ・トーナメントで優勝し、日本人男子として初のメジャー制覇を果たした松山英樹選手を首相官邸に招き、内閣総理大臣顕彰を授与した。首相は、松山選手が東日本大震災による被災地支援に取り組んできたことにも触れ「素晴らしい快挙だ。被災地と国民に勇気と希望を与えていただいた」と功績をたたえた。

松山選手は「マスターズを制覇したことがニュースになり、小さい子たちが優勝を目指したいと思ってくれればうれしい」と応じた。

首相は、先の訪米時にバイデン大統領からも祝福の言葉があったことを伝えた。松山選手は顕彰へのお礼として、マスターズの帽子とピンフラッグを首相に贈った。

内閣総理大臣顕彰は1966年創設。国家や社会に貢献して顕著な功績があった個人や団体が対象で、これまでに49の個人・団体に授与している。個人で松山選手は34人目。

菅義偉首相(右)から内閣総理大臣顕彰を授与される男子ゴルフの松山英樹選手=30日午前、首相官邸菅義偉首相(右)から内閣総理大臣顕彰を授与される男子ゴルフの松山英樹選手=30日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 叙位・叙勲・表彰 日本