河井被告に懲役4年求刑=検察「前代未聞の悪質さ」―参院選大型買収・東京地裁

社会

2019年参院選をめぐる大型買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)罪に問われた元法相で元衆院議員の河井克行被告(58)の論告求刑公判が30日、東京地裁(高橋康明裁判長)であり、検察側は「前代未聞の悪質な犯行」として懲役4年、追徴金150万円を求刑した。

検察側は論告で、同被告が事件の首謀者で、大半の現金供与を自ら行うなど責任は極めて重いと指摘。買収対象は100人と多く、妻の案里元参院議員(47)=有罪確定=を当選させるという動機も「票を金で買おうとした。身勝手極まりなく、酌むべき事情は一切ない」と批判した。

議員として選挙犯罪を最も自制すべき立場だったのに、「有権者を裏切り、選挙の公正さに対する国民の信頼を失墜させた」と非難。地元議員らに統一地方選の「当選祝い」などと称して現金を渡したことも「受け取りやすい方便を用いた。選挙の知識や経験を十二分に悪用した」とした。

被告人質問で買収の趣旨を一転して認めたことについては「刑事責任を少しでも軽くするために争わない形を採ったにすぎない」とし、過大に評価すべきではないとした。

弁護側の最終弁論は5月18日の予定。

東京地裁に入る河井克行被告=3月23日、東京都千代田区[代表撮影]東京地裁に入る河井克行被告=3月23日、東京都千代田区[代表撮影]

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 東京都