日米韓外相、英国で会談へ=G7に合わせ、日韓も調整

政治・外交

茂木敏充外相が5月3~5日にロンドンで開かれる先進7カ国(G7)外相会議に合わせ、米国のブリンケン国務長官、韓国の鄭義溶外相と日米韓外相会談を調整していることが分かった。北朝鮮の核・ミサイル開発や日本人拉致問題をめぐり、3カ国の連携を確認する。複数の日本政府関係者が30日、明らかにした。

茂木氏はブリンケン氏との個別会談も予定。G7議長国の英国は、G7諸国以外に韓国やオーストラリアなどの外相を招待しており、茂木氏と鄭氏による初の2国間会談もこの機会に行われる可能性がある。

左から茂木敏充外相、ブリンケン米国務長官(AFP時事)、鄭義溶韓国外相(EPA時事)左から茂木敏充外相、ブリンケン米国務長官(AFP時事)、鄭義溶韓国外相(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 日本 韓国 米国