【動画】保護施設でゾウと触れ合いータイ

映像

タイ北部チェンマイの「エレファント・ネーチャー・パーク」で、観光施設などで虐待され、肉体的・精神的に傷ついたゾウを保護している。施設ではゾウ乗りや曲芸は一切行わず、餌やりなどの世話を通じ、ゾウとの触れ合いを体験できる。広い敷地内では、約120頭のゾウが自然に近い状態で伸び伸びと暮らす。サンドゥエン園長は「動物を心から愛する人に立ち寄ってほしい」と話している。【時事通信映像センター】

Copyright(c) JIJI PRESS LTD., All Rights Reserved.

時事通信ニュース