子どもの人口、40年連続減=過去最少1493万人―総務省

政治・外交

総務省は4日、「こどもの日」に合わせて15歳未満の子どもの人口推計(4月1日現在)を発表した。2021年は前年に比べ19万人少ない1493万人で、1982年から40年連続の減少となった。比較可能な50年以降で過去最少を更新し、少子化の加速に歯止めがかからない現状が改めて示された。

総人口に占める子どもの割合も前年比0.1ポイント減の11.9%で過去最低。50年には総人口の3分の1を超えていたが、第2次ベビーブーム期(71~74年生まれ)に出生児数の増加で上昇して以降、75年から47年連続で低下した。

男女別の内訳は、男子が765万人、女子が728万人。3歳ごとの年齢区分では、12~14歳が324万人、9~11歳が314万人、6~8歳が298万人、3~5歳が292万人、0~2歳が265万人で、年齢が低いほど子どもの数が少なくなる傾向が続いた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) その他政策(社会面向け) 日本