妻子6人殺害、36歳男に死刑判決=「強固な殺意、残虐な犯行」―水戸地裁

社会

茨城県日立市の県営アパートで2017年、妻子6人を殺害したとして、殺人や非現住建造物等放火などの罪に問われた無職小松博文被告(36)の裁判員裁判の判決が30日、水戸地裁であり、結城剛行裁判長は「強固な殺意に基づく非常に危険かつ残虐な犯行」と述べ、求刑通り死刑を言い渡した。

結城裁判長は、争点だった被告の刑事責任能力の有無について、被告が思い悩んだ上で事件を起こし、事件後には出頭して具体的に供述したことを踏まえ、「自らが及ぼうとする行為の意味や内容を十分理解していた」と指摘。被告に精神障害はなく、完全な責任能力があったと認定した。

その上で、離婚を求められたことで妻の殺害を決意し、残される子どももかわいそうだから殺害するという動機は「身勝手で自己中心的な考え方」と指摘。「6人もの命が奪われた結果は重大で、死刑を回避すべき事情はない」と結論付けた。

水戸地裁水戸地裁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 茨城県