石浦、納得の再レース=競泳〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

競泳女子50メートル自由形(視覚障害S11)決勝で石浦智美(伊藤忠丸紅鉄鋼)は7位だった。この種目は27日に決勝が行われ、石浦は8位。しかし、選手同士の接触がレース中にあったとして抗議があり、認められて再レースとなった。

石浦は序盤は食い下がったが、地力で勝る上位選手に徐々に離された。それでも30秒85のタイムは納得できるものだった。「(27日は)私自身は8位という立場だったので(再レースは)そんなに怖くなかった。やってきたことは着実に身についていると思う」と振り返った。(了)

競泳女子50メートル自由形(視覚障害S11)決勝で力泳する石浦智美=29日、東京アクアティクスセンター競泳女子50メートル自由形(視覚障害S11)決勝で力泳する石浦智美=29日、東京アクアティクスセンター

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 競泳 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック