日本、スペインに力負け=車いすバスケットボール男子〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

車いすバスケットボールの日本男子が1次リーグで初黒星を喫した。上背のある選手を多くそろえるスペインに力負け。パスは長いリーチに阻まれ、シュートも再三ブロックにつかまった。京谷和幸ヘッドコーチは「相手の力強さにやられた」。連戦が続き、主力をフルには使えない難しさもあった。

準々決勝進出が決まり、1次リーグは30日のトルコ戦を残すのみとなった。藤本怜央(SUS)は「同じ欧州チームとの戦い。今回の反省点を試すことができる非常に有意義な機会になる」と気合を入れ直した。(了)

車いすバスケットボール男子1次リーグ・スペイン戦でシュートを決める豊島(中央)=29日、有明アリーナ車いすバスケットボール男子1次リーグ・スペイン戦でシュートを決める豊島(中央)=29日、有明アリーナ

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ スペイン 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック