菅首相、下村政調会長と会談=総裁選へ進退迫ったか

政治・外交

菅義偉首相(72)は30日午前、自民党の下村博文政調会長(67)を首相官邸に呼び、10分余り会談した。下村氏は、首相が再選を目指す9月の党総裁選への出馬に意欲を示している。ただ、党内には現職党幹部の出馬を疑問視する声もあり、首相が進退の判断を迫った可能性がある。

これに関し、政府高官は「下村氏が総裁選に出るなら、政調会長を続けるのは無理だ」と述べた。

下村氏は記者団の取材に応じなかった。この後、自身が所属する最大派閥・細田派出身の安倍晋三前首相と衆院議員会館で会談した。

首相官邸に入る菅義偉首相=30日午前、東京・永田町首相官邸に入る菅義偉首相=30日午前、東京・永田町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党 日本