鈴木が銀メダル=富田が銅、国枝・真田組4強―東京パラ〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

東京パラリンピック第7日の30日、競泳の男子200メートル自由形(運動機能障害S4)で鈴木孝幸(ゴールドウイン)が2位に入った。今大会でのメダル獲得は4個目。

男子200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)では、富田宇宙(日体大大学院)が自身2個目のメダルとなる銅を獲得。木村敬一(東京ガス)は5位だった。女子50メートル背泳ぎ(運動機能障害S5)では51歳の成田真由美(横浜サクラ)が6位。

陸上では男子1500メートル(視覚障害T11)の唐沢剣也(群馬県社会福祉事業団)と和田伸也(長瀬産業)が31日の決勝に進んだ。

車いすテニスでは、男子ダブルスの国枝慎吾(ユニクロ)真田卓(凸版印刷)組が準決勝に進んだ。シングルスは国枝と女子の上地結衣(三井住友銀行)がそれぞれ快勝し8強入り。車いすバスケットボール男子の1次リーグ最終戦で、日本はトルコに勝ってA組2位で通過した。5人制サッカーの1次リーグでは、日本が5連覇を目指すブラジルに0―4で完敗し、1勝1敗となった。 (了)

競泳男子200メートル自由形(運動機能障害S4)決勝で力泳する鈴木孝幸=30日、東京アクアティクスセンター競泳男子200メートル自由形(運動機能障害S4)決勝で力泳する鈴木孝幸=30日、東京アクアティクスセンター

競泳男子200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)で銅メダルを獲得した富田宇宙=30日、東京アクアティクスセンター競泳男子200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)で銅メダルを獲得した富田宇宙=30日、東京アクアティクスセンター

車いすテニス男子ダブルス準々決勝でプレーする国枝慎吾(手前)、真田卓組=30日、有明テニスの森公園車いすテニス男子ダブルス準々決勝でプレーする国枝慎吾(手前)、真田卓組=30日、有明テニスの森公園

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 競泳 テニス 陸上 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック 五輪・パラリンピックメダル