不明の高3女子、遺体発見=20代夫婦、殺害ほのめかす―遺棄容疑で逮捕・警視庁

社会 暮らし

東京都墨田区に住む高校3年の女子生徒(18)が28日から行方不明になっている事件で、警視庁は31日、この生徒の遺体が山梨県内で発見されたと明らかにした。

同庁は、女子生徒の失踪に関与した疑いがあるとして群馬県渋川市渋川の夫婦を事情聴取。供述を基に捜索したところ遺体が見つかったことから、死体遺棄容疑でいずれも職業不詳の小森章平(27)、和美(28)両容疑者を逮捕した。容疑を認め、殺害についてもほのめかしているという。

行方不明となっていたのは墨田区東向島の私立高校3年鷲野花夏さん。同庁捜査1課は向島署に捜査本部を設置し、両容疑者と鷲野さんとの関係や事件の詳しい経緯を調べる。

捜査本部によると、鷲野さんは28日午後3時半ごろ、「友人に会いに行く」と母親に言い残し外出。夜になっても帰宅しなかったため、家族が向島署に「娘が帰ってこない」と110番した。墨田区内の防犯カメラには、鷲野さんが自ら両容疑者の車に乗り込む様子が映っていた。

30日午後7時20分ごろ、この車が長野県内で見つかり、乗っていた両容疑者に鷲野さんの所在を聴いたところ、「遺体を置いた」などと話したという。その後、山梨県内を捜索した結果、31日未明に物置小屋の中から遺体を発見。背中に刺された傷や、頸部(けいぶ)に圧迫されたような痕があった。

警視庁向島署に移送される小森和美容疑者(中央)=31日午前、東京都墨田区(一部画像処理しています)警視庁向島署に移送される小森和美容疑者(中央)=31日午前、東京都墨田区(一部画像処理しています)

警視庁向島署に入る小森章平容疑者(左)=31日午前、東京都墨田区警視庁向島署に入る小森章平容疑者(左)=31日午前、東京都墨田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 教育 暮らし 日本