宮本「完敗だった」=アーチェリー〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

宮本リオン(テー・オー・ダブリュー)は男子コンパウンド個人(車いす、立位など)3回戦で中国選手に139―146で敗れた。15射のうち6度10点を出したが、相手は8点以下がなく、第1、3エンドでは3射とも10点をそろえてきた。「完敗だった。相手が強かった」と認めるしかなかった。

25歳の時にかかった病気の影響で、両脚にまひが残る。初出場のパラリンピックを終え、「コーチ、監督、運営スタッフ。何よりボランティアの方々に手厚いサポートをしていただいた。深く感謝したい」と言って頭を下げた。(了)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ アーチェリー 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック