過去最大規模5兆4797億円=研究開発に集中投資―防衛省概算要求

政治・外交

防衛省は31日、2022年度予算の概算要求を発表した。総額は5兆4797億円で、21年度当初予算の5兆3422億円から2.6%増。要求段階で金額を示さない「事項要求」が含まれており、年末に編成する22年度予算案は最終的に過去最大となる見通しだ。従来の戦闘の様相を一変させる可能性がある「ゲーム・チェンジャー」と呼ばれる先端技術の研究開発に集中投資する。

研究開発費は21年度当初比1141億円増の3257億円で過去最大となった。高出力マイクロ波と呼ばれる電磁波を用いて小型無人機(ドローン)などの攻撃を無力化する実証実験に86億円、マッハ5を超える「極超音速誘導弾」の関連研究に39億円をそれぞれ充てるなど、ゲーム・チェンジャーとなり得る技術に関する予算が並んだ。

航空自衛隊F2戦闘機の後継となる次期戦闘機の開発については、機体やエンジンの設計・試作などに関する経費に1047億円を計上。次期戦闘機と連携する無人機の研究費も98億円積んだ。

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に替わる「イージス・システム搭載艦」については、陸上用のレーダーを艦艇で使用するための改修費58億円を計上。長射程化する「12式地対艦誘導弾(SSM)」を新たに艦艇と航空機に搭載するための事業にも着手する。費用高騰により停止していたF15戦闘機の改修事業も再開するが、予算額を示さない事項要求とした。

防衛省=東京都新宿区防衛省=東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 日本