マスクや消毒薬、500万円分廃棄=東京五輪での余剰分―組織委〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、大会の新型コロナウイルス対策のため各会場の選手、観客用の医務室に用意したマスクやガウン、医療用の手袋や手指消毒薬について、余った分の一部を廃棄していたことを明らかにした。

五輪だけで使った都内外9会場で合わせて、マスク3万3000枚、ガウン3420枚、手指消毒薬380本などを廃棄した。調達額で約500万円分に相当する。ほぼ無観客開催となり、選手の発熱事例も少なかったため余剰が発生した。

組織委の山下聡・大会運営局長は、会場撤収後の一時保管場所を確保せず、各会場担当者に指示していなかったことが廃棄の原因として「見通しが甘かった」と謝罪した。パラリンピック終了後に向けて一時保管場所を早急に見つけるとした。(了)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本 東京都 東京五輪・パラリンピック 五輪 オリンピック パラリンピック