6日にも内閣改造・党人事=首相、体制刷新狙う―衆院選10月17日軸

政治・外交

菅義偉首相(自民党総裁)は31日、二階俊博幹事長の交代を柱とする党役員人事を早ければ週明けの6日にも行う方針を固めた。併せて内閣改造も検討する。衆院選は10月5日公示、17日投開票の日程が軸。戦後2回目の任期満了選挙とする案が有力だが、首相周辺では9月中に衆院を解散し、同29日投開票の総裁選を先送りすべきだとの声も根強い。

総裁選を目前に控えた首相が、幹事長を含む党役員人事に踏み切るのは極めて異例。総裁選で争う岸田文雄前政調会長が事実上公約した二階氏交代の争点化を避ける。最低水準に落ち込む内閣支持率を踏まえ、態勢を立て直す狙いもある。ただ、支持低迷の原因は首相自身にあるとして、政権浮揚効果は限定的との見方も党内にある。

首相は既に二階氏から交代への了解を得ており、人事は9月5日の東京パラリンピック閉幕後を想定している。新幹事長として体制の刷新を印象付けられる人材の起用を検討。知名度の高い石破茂元幹事長や河野太郎規制改革担当相、実務能力に定評のある萩生田光一文部科学相らの名が取り沙汰されている。

顔触れ次第では閣僚の入れ替えが必要になるため、内閣改造を同時に行う方向で検討している。党幹部は「幅広い人事になるだろう。党人事をやれば内閣改造と連動する」との見通しを示した。

一方、自民党の森山裕国対委員長は31日、立憲民主党の安住淳国対委員長と国会内で会談し、野党が要求していた9月7~16日の臨時国会召集を拒否した。これにより衆院解散はなくなり、戦後2例目の任期満了選挙が10月5日公示、17日投開票の日程で行われるとの見方が与党内で広がっている。この場合、衆院選の日程は9月20日ごろに閣議決定される見通し。

ただ、首相周辺では政局の主導権を確保するため、新型コロナウイルスの感染状況が改善すれば、9月17日の総裁選告示前に衆院解散に踏み切るべきだとの意見が根強い。首相が解散を選択すれば、そのタイミングによって衆院選の日程が前後する可能性も残る。

首相官邸に入る菅義偉首相=31日午前、東京・永田町首相官邸に入る菅義偉首相=31日午前、東京・永田町

幹事長・国対委員長会談に臨む自民党の二階俊博幹事長=31日午前、国会内幹事長・国対委員長会談に臨む自民党の二階俊博幹事長=31日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政局 政党 日本