菅野「ゲームだけ進んだ」=車いすテニス〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

車いすテニスの混合上下肢障害シングルスで、菅野浩二(リクルートオフィスサポート)は準決勝で第2シードのオランダ選手に完敗した。強烈なフォアハンドを軸に攻める相手の迫力に押され、「気後れし、対応する時間がなく、どんどんゲームだけが進んでしまった」と悔やんだ。

9月1日にはダブルスの3位決定戦を控える。連日の試合に疲労の色は濃くなっているが、メダルを持ち帰るためには踏ん張りどころ。ペアを組む54歳のベテラン諸石光照(EY Japan)を引き合いに出し、「ここ数日試合をしていないので、たぶん150%の力を出してくれるはず」と期待を寄せた。(了)

車いすテニス混合上下肢障害シングルス準決勝で敗れた菅野浩二=31日、有明テニスの森公園車いすテニス混合上下肢障害シングルス準決勝で敗れた菅野浩二=31日、有明テニスの森公園

車いすテニス混合上下肢障害シングルス準決勝でプレーする菅野浩二=31日、有明テニスの森公園車いすテニス混合上下肢障害シングルス準決勝でプレーする菅野浩二=31日、有明テニスの森公園

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ テニス 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック