陸上の村岡、女子100で決勝へ=競泳の木村、山田も予選通過―東京パラ〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

東京パラリンピック第9日は1日、陸上の女子100メートル(車いすT54)予選が行われ、2018年平昌冬季パラリンピックでアルペンスキー金メダルの村岡桃佳(トヨタ自動車)が17秒10で2組4着に入り、夜の決勝に進んだ。

競泳予選では、男子100メートル平泳ぎ(視覚障害SB11)の木村敬一(東京ガス)と同200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)の山田拓朗(NTTドコモ)が決勝進出。

卓球の女子団体(立位9、10)準々決勝で日本はポーランドに敗れた。アーチェリーの女子個人(車いす)では、岡崎愛子(日本身体障害者アーチェリー連盟)が準々決勝で中国選手に屈した。

車いすテニスの男子シングルス準々決勝では国枝慎吾(ユニクロ)がステファン・ウデ(フランス)と対戦。(了)

競泳男子100メートル平泳ぎ(視覚障害SB11)予選で力泳する木村敬一=1日、東京アクアティクスセンター競泳男子100メートル平泳ぎ(視覚障害SB11)予選で力泳する木村敬一=1日、東京アクアティクスセンター

陸上女子100メートル(車いすT54)予選で力走する村岡桃佳=1日、国立競技場陸上女子100メートル(車いすT54)予選で力走する村岡桃佳=1日、国立競技場

競泳男子200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)予選で力泳する山田拓朗=1日、東京アクアティクスセンター競泳男子200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)予選で力泳する山田拓朗=1日、東京アクアティクスセンター

車いすテニス男子シングルス準々決勝でプレーする国枝慎吾=1日、有明テニスの森公園車いすテニス男子シングルス準々決勝でプレーする国枝慎吾=1日、有明テニスの森公園

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ アーチェリー 競泳 卓球 テニス 陸上 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック