眞子さま、年内結婚へ=婚約内定の小室さんと―儀式見送り

社会

秋篠宮家の長女眞子さま(29)が婚約内定中の小室圭さん(29)と年内に結婚される方向で調整が進んでいることが1日、関係者の話で分かった。一般の結納に当たる「納采の儀」など結婚関連の儀式は行わず、自治体に婚姻届を提出する見通し。

結婚により眞子さまは皇籍を離脱するが、皇室を離れる際に国から支給される一時金は辞退する意向といい、皇室経済会議などで今後検討される。小室さんは米国の法律事務所に就職する方向で調整が進んでおり、二人は米国での生活を検討しているとみられる。

二人は2017年9月に婚約が内定し、そろって記者会見。18年3月に納采の儀を行った上で、同年11月に結婚式を挙げる予定だった。

しかし、17年12月に小室さんの母親と元婚約者との金銭問題が週刊誌報道で発覚。宮内庁は18年2月、結婚関係儀式を20年に延期すると発表し、眞子さまは「十分な準備を行う時間的余裕がない」と理由を説明した。小室さんは18年8月から、米ニューヨークのフォーダム大ロースクールに留学。今年5月に卒業し、7月にニューヨーク州の司法試験を受けた。合否は12月中旬までに発表される予定。

秋篠宮さまは二人の結婚について、18年11月の記者会見で「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、納采の儀を行うことはできません」と表明。一連の皇位継承儀式を締めくくる立皇嗣の礼が終わった20年11月、眞子さまが結婚は「必要な選択」とする文書を公表し、秋篠宮さまが同月、「結婚することを認める」と明言した。

婚約が内定し、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、東京都港区の赤坂東邸婚約が内定し、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、東京都港区の赤坂東邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本