車いすテニスの上地、銀以上確定=菅野、諸石組は銅メダル―東京パラ〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

東京パラリンピック第10日は2日、車いすテニス女子シングルス準決勝で上地結衣(三井住友銀行)がアニク・ファンコート(オランダ)を6―2、6―2で破って3日の決勝に進み、銀メダル以上を確定させた。前回リオデジャネイロ大会の銅に続く2大会連続の表彰台となる。

競泳男子50メートル自由形(運動機能障害S4)で今大会5個目のメダルを目指す鈴木孝幸(ゴールドウイン)は予選全体1位で夜の決勝に進出。女子50メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)の山田美幸(WS新潟)、同100メートル背泳ぎ(知的障害)の福井香澄(滋賀友泳会)も決勝に進んだ。

カヌー・スプリントの女子カヤックシングル(運動機能障害KL1)予選では瀬立モニカ(江東区協会)が2組4着で準決勝に進んだ。

自転車の男子個人ロードレース(運動機能障害C1~C3)には川本翔大(大和産業)と藤田征樹(藤建設)が出場。

第9日で、1日から2日未明にかけて行われた車いすテニスの混合上下肢障害ダブルスでは、菅野浩二(リクルートオフィスサポート)諸石光照(EY Japan)組が3位決定戦を制して銅メダルを獲得。日本が獲得したメダルは計25個(金6、銀7、銅12)となり、前回大会の24個を上回った。 (了)

車いすテニスの混合上下肢障害ダブルスで銅メダルを獲得し、喜ぶ菅野浩二(右)、諸石光照組=2日、有明テニスの森公園車いすテニスの混合上下肢障害ダブルスで銅メダルを獲得し、喜ぶ菅野浩二(右)、諸石光照組=2日、有明テニスの森公園

車いすテニス女子シングルスの決勝進出を決め、ガッツポーズする上地結衣=2日、有明テニスの森公園車いすテニス女子シングルスの決勝進出を決め、ガッツポーズする上地結衣=2日、有明テニスの森公園

競泳女子50メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)予選で力泳する山田美幸=2日、東京アクアティクスセンター競泳女子50メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)予選で力泳する山田美幸=2日、東京アクアティクスセンター

競泳女子100メートル背泳ぎ(知的障害)予選で力泳する福井香澄=2日、東京アクアティクスセンター競泳女子100メートル背泳ぎ(知的障害)予選で力泳する福井香澄=2日、東京アクアティクスセンター

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 自転車 競泳 テニス 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック 五輪・パラリンピックメダル