気を引き締める鈴木=競泳〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

今大会5個目のメダルを狙う鈴木孝幸(ゴールドウイン)が、競泳男子50メートル自由形(運動機能障害S4)で予選トップの38秒25をマークした。前の種目から2日間空き、「十分に疲労は取れた」と前半からペースを上げることを意識。別の組で泳いだライバルのイスラエル選手を0秒17上回った。

距離の短い50メートルでは、ちょっとしたフォームのぶれがタイムに影響するという。「(決勝では)37秒台前半は出ると思う。しっかり競りたい」。目標に掲げる2個目の金メダルに向け、気を引き締めた。(了)

競泳男子50メートル自由形(運動機能障害S4)予選を終えた鈴木孝幸=2日、東京アクアティクスセンター競泳男子50メートル自由形(運動機能障害S4)予選を終えた鈴木孝幸=2日、東京アクアティクスセンター

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 競泳 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック