菅首相、成長戦略の具体化指示=経済対策視野、今秋に前倒し―政府会議

政治・外交

政府は2日、成長戦略会議(議長・加藤勝信官房長官)を開き、菅義偉首相が成長戦略の具体化策を今秋に取りまとめるよう指示した。次期衆院選をにらんだ追加経済対策の早期策定に向け、年末に行う改定作業を前倒しで実施。脱炭素化やデジタル化への投資を柱に、経済の底上げを図る。

首相は会議で「強い経済をつくるためには確固たる成長戦略が必要だ。秋に向けて具体化の議論を進めてほしい」と表明した。

首相はすでに自民党に経済対策のとりまとめを指示。選挙戦で対策をアピールし、その後の国会で財源の裏付けとなる補正予算を年内に成立させるシナリオを描く。新型コロナウイルス禍の長期化で打撃を受けた事業者や個人への支援策を含め、党内には30兆円規模の財政出動を求める声が出ている。

成長戦略会議で発言する菅義偉首相(右端)=2日午後、首相官邸成長戦略会議で発言する菅義偉首相(右端)=2日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース マクロ経済政策 資源エネルギー政策 日本