自転車で50歳杉浦が2冠=陸上の車いす男子100で大矢が銀―東京パラ〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

東京パラリンピック第11日は3日、自転車の女子個人ロードレース(運動機能障害C1~C3)で50歳の杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)が金メダルを獲得し、個人ロードタイムトライアルに続く2冠を達成した。

陸上の男子100メートル(車いすT52)では、大矢勇気(ニッセイ・ニュークリエーション)が銀メダルを獲得した。

競泳は男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)予選で木村敬一(東京ガス)が全体の1位、富田宇宙(日体大大学院)が2位で午後の決勝に進んだ。女子50メートルバタフライ(運動機能障害S7)の西田杏(三菱商事)、同100メートル自由形(視覚障害S11)の石浦智美(伊藤忠丸紅鉄鋼)も予選を突破した。

車いすテニスは、混合上下肢障害シングルス3位決定戦で菅野浩二(リクルートオフィスサポート)はストレート負け。男子ダブルス3位決定戦に国枝慎吾(ユニクロ)真田卓(凸版印刷)組が挑んだ。女子シングルス決勝では、上地結衣(三井住友銀行)が初優勝を目指す。

ゴールボールの日本女子は3位決定戦でブラジルと対戦。車いすバスケットボールの日本男子は、夜の準決勝で英国戦。 (了)

自転車ロードの女子個人ロードレース(運動機能障害C1~C3)、1位でゴールしガッツポーズする杉浦佳子=3日、静岡・富士スピードウェイ自転車ロードの女子個人ロードレース(運動機能障害C1~C3)、1位でゴールしガッツポーズする杉浦佳子=3日、静岡・富士スピードウェイ

陸上男子100メートル(車いすT52)で銀メダルを獲得した大矢勇気選手=3日、国立競技場陸上男子100メートル(車いすT52)で銀メダルを獲得した大矢勇気選手=3日、国立競技場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 自転車 競泳 テニス 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック