日本、苦しんで4強=ボッチャ〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

前回リオデジャネイロ大会で銀メダルを獲得したボッチャのチーム戦(脳性まひ)の日本。ブラジルとの1次リーグ最終戦は苦しみながらも競り勝ち、準決勝に駒を進めた。

点の取り合いが続き、4―4で迎えた最終第6エンド。広瀬隆喜(西尾レントオール)の一球が勝敗を分けた。4球目を強めに転がすと、ジャックボール(目標球)の一番近くにあった相手の球を奥に動かし、一転して日本が優位に。相手はその後の投球を寄せられず、最終的に日本に2点が入った。広瀬は「僅差の中で勝ち切ったのはうれしい」と一息ついた。

4日の準決勝では、前回決勝で敗れた強豪タイとぶつかる。杉村英孝(伊豆介護センター)は「どこの国が来てもやることは変わらない」。メダルに近づいても、落ち着いて臨む。(了)

ボッチャのチーム(脳性まひ)予選・ブラジル戦で雄たけびを上げる杉村英孝(左手前)、広瀬隆喜(同奥)、中村拓海(右)=3日、有明体操競技場ボッチャのチーム(脳性まひ)予選・ブラジル戦で雄たけびを上げる杉村英孝(左手前)、広瀬隆喜(同奥)、中村拓海(右)=3日、有明体操競技場

ボッチャのチーム(脳性まひ)予選、ブラジル戦で雄たけびを上げる日本。(左から)広瀬隆喜、中村拓海、杉村英孝=3日、有明体操競技場ボッチャのチーム(脳性まひ)予選、ブラジル戦で雄たけびを上げる日本。(左から)広瀬隆喜、中村拓海、杉村英孝=3日、有明体操競技場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ ブラジル 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック ボッチャ