バドミントン里見が銀以上=ボッチャのペアも決勝へ―東京パラ〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

東京パラリンピック第12日は4日、バドミントンの女子シングルス(車いすWH1)準決勝で里見紗李奈(NTT都市開発)が中国選手を2―0で破って決勝に進み、銀メダル以上を確定させた。車いすWH2の山崎悠麻(同)らは準決勝で敗れ、3位決定戦に回った。

ボッチャのペア(脳性まひ・運動機能障害BC3)準決勝で日本はギリシャを破り、金メダルを懸けて夕方の決勝に臨む。チーム(脳性まひ)準決勝の日本はタイに敗れ、3位決定戦に回った。

陸上の女子400メートル(視覚障害T13)で佐々木真菜(東邦銀行)は7位。カヌー・スプリントの女子カヤックシングル(運動機能障害KL1)では瀬立モニカ(江東区協会)が7位だった。

午後の車いすテニスでは、男子シングルス決勝で国枝慎吾(ユニクロ)が2大会ぶりの優勝を目指す。女子ダブルスは上地結衣(三井住友銀行)大谷桃子(かんぽ生命保険)組が3位決定戦。(了)

バドミントン女子シングルス(車いすWH1)準決勝でプレーする里見紗李奈=4日、国立代々木競技場バドミントン女子シングルス(車いすWH1)準決勝でプレーする里見紗李奈=4日、国立代々木競技場

ボッチャのペア(脳性まひ・運動機能障害BC3)準決勝・ギリシャ戦でプレーする高橋和樹(左から3人目)と河本圭亮(右端)ら=4日、有明体操競技場ボッチャのペア(脳性まひ・運動機能障害BC3)準決勝・ギリシャ戦でプレーする高橋和樹(左から3人目)と河本圭亮(右端)ら=4日、有明体操競技場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ バドミントン テコンドー 陸上 日本 東北 福島県 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック ボッチャ