競泳男子の鈴木がアスリート委員に当選=日本人の選出は初―IPC〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

国際パラリンピック委員会(IPC)は4日、競泳男子の鈴木孝幸(34)=ゴールドウイン=がアスリート委員会委員選挙に当選したと発表した。東京大会で金1個を含むメダル5個を獲得した鈴木は、IPCのホームページで「選出されたことを光栄に思う。アジアのアスリートの声をIPCに届ける大きな機会になる」とコメントした。日本パラリンピック委員会によると、日本人の選出は初めて。

大会に参加した選手が投票権を持ち、鈴木ら22人の立候補者から6人が委員に選ばれた。任期は2024年パリ大会まで。 (了)

競泳の鈴木孝幸選手競泳の鈴木孝幸選手

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 競泳 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック