鈴木、7位にも悔いなく=陸上〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

男子マラソン(車いすT54)の鈴木朋樹(トヨタ自動車)は7位だった。序盤でメダル争いから大きく離され、単独で走る時間が長い苦しいレースを「自分との戦いになったが、最後まで気持ちは切らさずに走り切った。悔いは全くない」と振り返った。

8月31日の1500メートルでは9位。トラック種目を通じて、有力選手との実力差は実感していた。それでもスタート直後は果敢に飛び出し、一時先頭に立った。「自分の力を見せられるのはあそこだけ。前に出ないと悔いが残ると思った」。支えてくれた人たちのためにも見せ場をつくり、初出場の大舞台を締めくくった。(了)

陸上男子マラソン(車いすT54)、7位でゴールする鈴木朋樹=5日、国立競技場陸上男子マラソン(車いすT54)、7位でゴールする鈴木朋樹=5日、国立競技場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 陸上 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック