66歳の西島、目標の完走果たす=女子マラソン―東京パラ〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

今大会の日本選手団最年長、66歳の西島美保子(JBMA)が女子マラソン(視覚障害T12)で目標に掲げた完走を果たした。

前半は自分のリズムで走れたが、30キロを過ぎてからは足がけいれんしたといい、何度も止まる場面があった。それでも懸命の走りでゴールし8位。前回のリオデジャネイロ大会では途中棄権しており、「今回は何としてもゴールだけはしたいという気持ちが強かった。その思いで5年間、頑張ってきた。一つの目標は達成できてよかった」と充実感を漂わせた。(了)

陸上女子マラソン(視覚障害T12)でゴールした西島美保子(右)=5日、国立競技場陸上女子マラソン(視覚障害T12)でゴールした西島美保子(右)=5日、国立競技場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 陸上 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック