日の丸運んだメダリスト〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

閉会式会場に掲げられた日本国旗は、日本のメダリストら6人が運んだ。先頭は陸上男子車いすで2冠を達成した佐藤友祈(モリサワ)、その後ろに日本勢史上最年少の14歳で銀メダル2個を獲得した競泳女子の山田美幸(WS新潟)が続いた。

生まれつき両腕のない山田は車いすに国旗を引っ掛け、笑顔も見せた。引き締まった表情の佐藤とともにメダル2個を首に掛け、大役を果たした。(了)

閉会式で日本国旗を運ぶ佐藤友祈(左手前)、山田美幸(同手前から2人目)、見延和靖(右手前)ら=5日、国立競技場閉会式で日本国旗を運ぶ佐藤友祈(左手前)、山田美幸(同手前から2人目)、見延和靖(右手前)ら=5日、国立競技場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 競泳 陸上 日本 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック