河合団長、萩生田文科相に成績報告=東京パラ〔パラリンピック〕

スポーツ 東京2020

東京パラリンピック日本選手団の河合純一団長とメダリストらが6日、成績報告のため萩生田光一文部科学相を訪問した。日本は金13個を含むメダル51個を獲得。河合団長は「ナショナルトレーニングセンターの拡充などで、選手が練習に集中することができた。(好成績の)大きな要因となった」と支援に感謝を述べた。

萩生田文科相は選手の活躍をたたえ、「皆さんが地元に帰られたら、ぜひ子供たちに今回の経験を伝えてほしい」と話した。一方、河合団長は、パラリンピック選手でも自治体の施設利用を断られるケースがあると指摘。「全国津々浦々、施設がアクセシブルなものになるようサポートをいただければ」と求めた。(了)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本 東京都 パラリンピック 東京五輪・パラリンピック