岸防衛相、英空母を視察=インド太平洋への関与歓迎

政治・外交

岸信夫防衛相は6日、米軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に初めて寄港した英最新鋭空母「クイーン・エリザベス」艦内を視察した。この後、岸氏は中国の海洋進出を念頭に「インド太平洋地域の平和と安定に対する英国の強い意思を感じることができた」と歓迎の意向を記者団に示した。

クイーン・エリザベスは英海軍最大の艦艇。横須賀への寄港で、英国は「自由で開かれたインド太平洋」を掲げて中国をけん制する日米との協調に一段と踏み込んだ。同艦を中核とする空母打撃群は、日本各地に分散して寄港している。

英空母「クイーン・エリザベス」を視察し、甲板で発言する岸信夫防衛相=6日午後、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地(代表撮影)英空母「クイーン・エリザベス」を視察し、甲板で発言する岸信夫防衛相=6日午後、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 中国 日本 神奈川県