自民派閥、結束困難か=二階派、河野氏への支持拡大―総裁選へ動き本格化

政治・外交

自民党各派閥は6日、菅義偉首相の後継を選ぶ党総裁選(17日告示、29日投開票)への態度決定に向けた動きを本格化させた。二階派では河野太郎規制改革担当相(58)を支持すべきだとの声が広がっている。直後に控える衆院選をにらみ、新総裁に「選挙の顔」を期待する中堅・若手らから締め付けに反発する声が出ており、各派とも結束は困難との見方が強い。

二階派は6日、二階俊博幹事長ら幹部が党本部で対応を協議。同派幹部によると、派内では河野氏への支持が拡大している。ただ、他の候補を推す声もあり、この日の意見集約は見送った。

竹下派は、会長代行の茂木敏充外相らが東京都内で役員会を開催。総裁選に結束して臨むことを確認したが、派内からは「議員の自主性を尊重すべきだ」(船田元・元経済企画庁長官)との声が上がっている。

岸田文雄前政調会長(64)を擁立する岸田派を除き、各派は近く派閥総会などで対応を協議する。

昨年9月の総裁選では、岸田、石破両派を除く党内5派が菅氏支持を早々に打ち出し、菅政権発足の流れをつくった。今回は候補者が乱立気味で本命候補を絞りにくい上、派閥の決定に反してでも国民に人気のある「選挙の顔」を選びたいとの空気が中堅・若手の間で強まっており、前回のような雪崩現象は起きていない。

最大派閥の細田派では幹部から岸田氏を推す声が出ている。これに対し中堅・若手には、同派出身の安倍晋三前首相が支援する高市早苗前総務相(60)への支持も広がる。麻生派はベテランが岸田氏に傾斜し、中堅・若手は河野氏に流れている。

首相を支持する無派閥グループは6日、自主投票とすることを決めた。

一方、河野氏は6日、自身の出馬に難色を示す所属派閥・麻生派の甘利明税調会長らベテランと相次いで面会し、出馬に理解を求めた。しかし、甘利氏は日本テレビのBS番組で「(岸田氏を)事情が許せば応援したい」と明言した。

出馬を検討中の石破茂元幹事長(64)は石破派メンバーと対応を話し合った。周辺では今回は立候補を見送り、河野氏の支援に回るべきだとの声が強まっている。石破氏は6日のTBSのBS番組で、20人の推薦人について「めどは付いた」と説明。ただ、「勝てる見通しがなければ参加しただけで終わる」と述べ、慎重に判断する考えを示した。

自民党本部=8月2日、東京都千代田区自民党本部=8月2日、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本 自民党